Roto Vox

rotomx.hateblo.jp

転職しました

f:id:rotom:20180823225349p:plain

少し時間が空きましたが、8月から新しい会社で働きはじめました。 転職する前の話は 以下のエントリを読んでください。

rotomx.hateblo.jp

どんな会社に入ったのか

いわゆるWeb系のベンチャー企業というものです。 ベンチャーといいつつも、以前は東証一部に上場していたり、社員数も結構いたりして、「ベンチャー≒スタートアップ」という認識でいると、普通に大きな会社じゃん!ってなります。 エンジニアは50人くらいの組織なので、ほどよい規模感だと思います。

新卒で入社した会社もWebサービスを運営する大規模な事業会社だったのですが、転職して決定的に違うと感じたのはスピード感と、会社の人への投資でした。

「スピード感」が大規模な会社とベンチャーで異なるのは当たり前なのですが、サービス開発のスピードだけでなく、採用活動も爆速で他に受けて会社と比べても最も早く選考が進みました。 カジュアル面談の時点で書類選考は免除するから是非受けてほしい、と言われ、選考としては部署のエンジニアとCTO、面接2回で内定が出ました。

「人への投資」という部分では入社初日から高スペックなPCの支給に加え、4Kディスプレイを含む高価な備品も、自分で好きなものを注文させて頂けました。 オフィス環境も非常に恵まれており、エンジニアとしては最高に働きやすい環境だと思っています。

どんな仕事をするのか

エンジニアとして幅広く何でもやります。前職は縦割り組織の中でそれぞれが自部署の担当する業務を行っていましたが、現職では少人数のエンジニアで社内システム、ツールの開発、導入から、AWSやG SuiteなどのSaaSを含むインフラやネットワーク、オフィス環境の構築、ベンダとの折衝、PCのキッティングや社内のITサポートに至るまで担当しています。 簡単に言うとITに関する何でも屋さん、カッコよくいうとGeneralist(ジェネラリスト)を目指せるお仕事です。

楽しいこと

これまで未経験だった分野の知識が得られることは単純に楽しく感じます。社内では大量の技術書が読み放題だったり、社内に複数いる著名なエンジニアの書いた社内Wikiが読めたりと、学習素材には困らない環境なので、学習欲は非常に満たされています。

また、SlackやGitHubを使った業務も初(前職ではHipChat + Bitbucket)なので、新しいコミュニケーションの形も楽しんでいます。

これからやっていくこと

技術、ツールをもって社内の業務改善を行っていきます。ベンチャー企業とはいえ、どんな会社も業務や運用に問題を抱えていると思います。 特に事務職や営業職のメンバが行っているルーチンワークは、システムによって自動化、負担軽減できるものがとても多いと考えています。

ただし、技術やツールを使いたいことが先行してしまうと、本来の目的から逸れてしまうかもしれません。 飽くまで目的は「社内の業務改善、問題解決」であり、技術やツールは一つの手段に過ぎないことを忘れずに頑張っていきます。

その他

運転免許は無事に取れました。

peing.net